白い歯を保つために

ステインが白い歯に対して悪い影響を与えるということは取り上げましたが、そもそもステインはコーヒーだけでなく、他の様々なものを取り入れることでも付着してしまいます。私達は食事を行うことを止めたりはできませんから、やはり白い歯を保つためには、自分の努力が必要であることが分かります。それは、ホワイトニングをする前でも、ホワイトニングをした後でも、同様です。同時に、私達がそういった事柄に掛けられるお金というのも限られています。全ての効果的な方法を同時に行うことはできないでしょう。また、同時に行ったとしてもそれらが続かなければ意味がありません。ホームホワイトニングなどは、歯を白くするために一定の期間継続して行わなければならないからです。その辺の継続性の強さ、諦めない気持ちも大切です。

歯は、表情をつくる重要なピースの一つです。生まれつき持った骨格があるとしても、それらは大人になってからでも、歯の綺麗さや歯並びなど修正が可能なことだってあります。お金が掛かると思って諦めてしまう方も珍しくありませんが、私達はより綺麗で健康的な歯を手に入れるために諦める必要はありません。審美歯科で、より健康的で白い歯を手に入れてみましょう。

審美歯科でできること

歯が人の印象における大事なポイントの一つとなるように、それは人の『美』という面にも強く関係しています。さきほど記述したように歯を白く保つということは簡単ではありませんが、審美歯科では、既に着色してしまった歯にも、輝く白さを取り戻させることが可能です。どのようにでしょうか。まず一般的な方法として、『ホワイトニング』という方法があります。これは誰もが知っている方法かもしれませんが、それにも種類があり、『オフィスホワイトニング』と、『ホームホワイトニング』という、二つの方法があります。

例えば、結婚式までにすぐ歯を白くしたい、とか、長い時間を掛けたくない、という方には、『オフィスホワイトニング』がおススメです。オフィスホワイトニングの特徴は、特殊な薬剤を用いることで、歯をすぐに白く見せることとなります。いわゆる、『上から白さを塗布する』という方法です。その分ほとんど時間が掛からずに行うことができますが、効果の持続性は長くありません。もし長い効果を求めているなら、『オフィスホワイトニング』がおススメです。これは元の歯を白くしていくための方法であり、上から白く見せる、という方法ではありませんので、効果が長続きします。

歯の白さを妨害する要素

鏡を見てみると、毎日のように歯は磨いていますので、なんとなく歯垢もなく、綺麗であることが分かるかもしれません。しかし、歯が「清潔」なのと、歯が「綺麗」なのでは意味が異なっています。今のは単に「清潔」なだけであるかもしれず、そもそも「綺麗」な歯とはあまり言えないかもしれません。というのも様々な理由によって歯には汚れのような成分が付着してしまうことがあり、しかもそれが一度付着してしまえば除去しにくいという難儀な点があります。単に汚れが付着するというよりも、何度も何度も色素が繰り返し付着し、どんどん元の色からすすけた色になっていくようなイメージです。その要素の一つに、『ステイン』があります。ステインは、コーヒーなどに含まれている成分ですがそれは歯を黄色く染色してしまうという難点があります。良くコーヒーを飲む人は、もしかすると自分の歯が黄色いことに気付くかもしれません。定期的に歯磨きを行っていても、色素が沈着してしまうことがあります。

そこで、まさに審美歯科の登場です。「歯科」とは、どちらかというと虫歯などを治療する場所というイメージですが、「審美」歯科は、より美容方面に特化した、歯科と言えるでしょう。

歯のケアと審美歯科

笑うことと私達の健康というのは密接に結びついていると言われています。『笑う門には福来る』という言葉もありますが、実際に笑うということは健康にも良いとされており、今までそこまで笑う習慣が無かった方はぜひ笑う習慣を付けることを目標にすると良いでしょう。さて、笑う時に出ることとなるのは「歯」ですが、どれだけ綺麗な笑顔をしていても、歯がそこまできれいではないという方がすくなくありません。笑顔の印象を決める時に、歯という要素は非常に重要な要素であると言えます。生まれつき歯並びが良い、悪いという要素はありますが、そういった要素はある程度まで矯正することができますし、今からかみ合わせなど、改善できることはたくさんあります。そういった点を考えると、今自分の歯について諦めてしまっている方も、まだまだ諦める必要性は無い、と言えます。

同時に考えたいのが歯のケアについての問題です。歯は、単に歯磨きだけを行っていても、白い歯を手に入れることはできません。もっと、歯を綺麗にするためのケアが必要となります。歯を黄色くさせる要因は幾つかあり、それらも相互に働いてしまうとさらに白い歯を保つのは難しくなってしまいます。それを考えると、私達は歯の健康を考えた時にも、いつも綺麗な歯を保つために、審美歯科などを利用したいと思っていますが、歯のケアに必要なことは、単に毎日歯磨きを行っている以上のポイントがありますので、そういった点を紹介します。